1 :しじみ ★:2020/07/03(金) 10:32:27.76 ID:CAP_USER.net

アマゾン川流域は土壌の養分が少ないやせた土地であり、農業には向いていませんが、「テラ・プレタ」と呼ばれる一部の土地はしっとりと黒く豊かな土壌であることが知られています。このテラ・プレタは農業に従事した古代人によって生み出されたとされていますが、ブラジルのマトグロッソ州立大学やイギリスのエクセター大学の研究チームはテラ・プレタが農業に適しているだけでなく、アマゾン川流域の生物多様性にも貢献しているとの研究結果を発表しました。

Legacy of Amazonian Dark Earth soils on forest structure and species composition - Oliveira - - Global Ecology and Biogeography - Wiley Online Library
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/geb.13116

Research news - Innovation by ancient farmers adds to biodiversity of the Amazon, study shows - University of Exeter
https://www.exeter.ac.uk/news/research/title_801967_en.html
https://i.gzn.jp/img/2020/07/03/ancient-farmer-add-amazon-biodiversity/img-snap04382_m.png

土壌がやせているアマゾン川流域では、森を開墾しても強い日差しや豪雨にさらされると養分が失われてしまい、近代的な化学肥料を用いても豊かな状態を維持できないとのこと。そのため、アマゾン川流域では焼き畑農業のような非持続可能な農業はできるものの、大規模で持続可能な農業を行うことは不可能だと考えられていました。

ところが、オランダ人の土壌学者であるビム・ソンブルク氏が1950年代にアマゾン川流域を調査したところ、一部の場所には驚くほど豊かな土壌が存在していることを発見。しっとりとした黒い土であるこの土壌は、テラ・プレタと名付けられました。テラ・プレタの起源については自然発生的に生まれたものという見方もあったものの、主に集落跡で発見されている点や、陶器の破片や動物などの骨、人間の排せつ物といったものが土壌に堆積していた点から、多くのテラ・プレタは人為的に作られたものであると判明しています。

テラ・プレタは1つの区画が平均で20ヘクタールほどで、付近の土壌に乏しい窒素・リン・カルシウム・亜鉛・マンガンといった栄養素を豊富に含んでいます。テラ・プレタはさまざまな有機物に加え、並外れて高濃度の炭を含有していることが特徴であり、土壌に含まれる炭や高レベルの微生物活動によって栄養素の流出が防がれているとのこと。

テラ・プレタは紀元前450年から紀元後950年の間にアマゾン川流域に作られたといわれており、この地域に住む先住民らの人口を支えてきたと考えられています。ところが、ヨーロッパ人が南アメリカ大陸に進出すると、先住民の人口が疫病などで大幅に減少して生活様式も変化したため、多くのテラ・プレタが放棄されてしまいました。

それでも、テラ・プレタは放棄されてから数百年にわたって豊かさを維持しており、未だにテラ・プレタの土壌を使った畑では、隣接した他の畑と比較して豊富な種類の作物を栽培・収穫できるとのこと。また、一般的な穀類の収量もかなり多いことに加え、強い日差しや雨にさらされてもなかなか土壌がやせないそうです。

放棄されたテラ・プレタがアマゾン川流域の植生にどのような影響を与えているのかを調べるため、マトグロッソ州立大学やエクセター大学の研究チームは、アマゾン東部のタパジョース川やシングー川の流域で土壌の豊かさや植物のサンプルを測定する研究を行いました。その結果、テラ・プレタの土壌が他の土壌と比べて有意に豊かであることが再確認されたほか、他の土壌とは違う植生が存在していることが判明したとのこと。

論文の筆頭著者であるEdmar Almeida de Oliveira氏は、「テラ・プレタは周囲の森と違う種類の植物が存在し、より大きく生長するエリアです」と指摘。単に生長する植物の種類が違うだけでなく、テラ・プレタでは食用になる植物が多い傾向もみられました。


近年ではテラ・プレタが再び地元や先住民の人々に耕作され始めているとのことですが、未だに熱帯雨林の中に埋もれて生物多様性に貢献しているテラ・プレタも少なくないとのこと。しかし、違法な森林破壊や山火事によって、1000年以上にわたって維持されてきた貴重なテラ・プレタが失われることも懸念されています。共著者であるBeatriz Marimon氏は、「テラ・プレタは種の豊かさを増加させ、地域の生物多様性を保全するために重要な考慮するべき事柄です」と述べました。

https://gigazine.net/news/20200703-ancient-farmer-add-amazon-biodiversity/



2 :名無しのひみつ:2020/07/03(金) 10:37:14.87 ID:PD8wyITs.net

中国による経済開発のフローと同じだね。

投資された地域、海外案件はいずれペンペン草が生える。

北海道の買収された農地、山林の行く末はただの荒れ地になるのか。



3 :名無しのひみつ:2020/07/03(金) 10:38:30.54 ID:o4s56DaM.net

古代人のミジンコ程もない
現代の南米人
まるで別物だ



4 :名無しのひみつ:2020/07/03(金) 10:44:15.55 ID:dbhZj3Ou.net

古代には現在に無い技術が存在していたのではないのでしょうか?



5 :名無しのひみつ:2020/07/03(金) 10:45:43.22 ID:t++IdK85.net

アメリカ大陸先住民は日本人やからな



7 :名無しのひみつ:2020/07/03(金) 11:01:40 ID:MQhhETXd.net

縄文人が土の改良して黒土作ってたってやつと同じかな



9 :名無しのひみつ:2020/07/03(金) 11:18:43 ID:ExZxYIIt.net

つまり今のアマゾン川は人間が生態系を改変した、いわば人工物ってわけだ
こりゃあトンデモナイ自然破壊だよ
古代人に現状復帰させなきゃ



11 :名無しのひみつ:2020/07/03(金) 11:27:48.41 ID:uGTtFDp5.net

古代人の環境破壊か



12 :名無しのひみつ:2020/07/03(金) 11:32:10 ID:C51tLO33.net

南米ではとある集落の周辺だけ
近縁の植物より数倍も大きな果実を実らせる変種があったりする
そこの部族が長年、自然に大きな果実の実を選んで行ったのだろうとの事



13 :名無しのひみつ:2020/07/03(金) 11:51:10.00 ID:XQYSykD2.net

古代の支配層、知識層はスペイン人が殲滅しちゃったんだよ



15 :名無しのひみつ:2020/07/03(金) 11:59:58.56 ID:Qgip/G7g.net

良くも悪くも人が関わったという結論に導きたい学者さんたち



17 :松井正兼光中関西保質志最後の雨あん小見山路子:2020/07/03(金) 12:22:04 ID:SLWLXPr1.net

エッ?ソウダナ・・・いよいよTOKIOの番組も海外進出なのかもしれないな・・・。

編。完。



18 :名無しのひみつ:2020/07/03(金) 12:36:04.65 ID:oW0r0M/t.net

焼畑 有機農法 最強ってこと?



21 :名無しのひみつ:2020/07/03(金) 13:18:54 ID:i2AvdHPX.net

やっぱり人間の野ぐそが最高



22 :名無しのひみつ:2020/07/03(金) 13:26:11 ID:HCD7COCB.net

キャンプ場とかで炭は環境上に残って自然を破壊するってよく言うけど
この炭が微生物の住処や補肥力があって生物多様性に貢献しているのか



23 :名無しのひみつ:2020/07/03(金) 14:00:26.38 ID:ZwbI4jxF.net

水が入り込まないようにしたんだろ



24 :名無しのひみつ:2020/07/03(金) 17:20:46.94 ID:hGXQxFIM.net

方法は失伝してるという事や

失われた古代技術とかロマンやな



25 :名無しのひみつ:2020/07/03(金) 19:53:38 ID:j6CBgUSF.net

>>20
土中の炭は微生物の住み処になるんだよね



26 :名無しのひみつ:2020/07/03(金) 20:25:54.66 ID:SqIYWxZ/.net

3000年も効果続くのか



28 :名無しのひみつ:2020/07/03(金) 21:14:59 ID:HNWWIqIl.net

>>ヨーロッパ人が南アメリカ大陸に進出すると、先住民の人口が疫病などで大幅に減少して生活様式も変化したため、

え?人買いとハンティングで減らしただけだろ



元スレ https://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1593739947/